ADHDで鬱病気味の嫁と破局しました

 お久しぶりです。タイトル通り嫁と破局しました。付き合って約10年、結婚して3年でした。なんというか、どちらかが一方的に悪いわけじゃないし、俺としては話し合いの上で妥協点を見つけて終わりたかったんですけど、一方的に逃げられた形で非常に残念というか、無念というか、空しさが残ってます。

 

 ざっと経緯を説明すると、嫁の言い分としては

・性格や価値観の不一致

・超早期流産(1週間くらい)した時の俺の冷たい対応

・他に気になる男性がいる

・俺との性行為に対して嫌悪感を抱く

 

 などなどを総評して、この先俺と一緒にいても幸せになれないという結論に至り、離婚を切り出された形です。他にも2~3個くらいあった気がするけど、結局のところ赤文字のところになるそうです。

 

 方や俺はというと、特に不満はありませんでした。まぁそりゃ欲を言えば、料理や部屋の片付けといった家事をして欲しいだとか、もう少し性行為の頻度を増やして欲しいだとか、色々ありましたけど別に相手にぶつけるほどじゃないというか、そこまで望んでないというか、って感じなので、離婚を切り出されたときはマジで「マジ?」って感じでした。

 

 なので、俺としてはそれが一時の期の迷いであることを期待していたのですが、その後も共通の友人やなんやに「離婚しない方が良いんじゃない?」みたいな話をされても考えが改まることはありませんでした。

 

 ただ、嫁さんが今パートであること、発達障害障碍者手帳を持っている事、躁鬱病気味である事、そういった事情から安定剤や睡眠薬の服用が欠かせない状態であることを考えると、ホイホイ離婚届を書く気にもならず、むしろそういう状態だからこそ一時の感情が昂って離婚したがっているんじゃないかと思い続けて3ヶ月が経ちましたが、荷物もそのまま、飼ってる文鳥もそのままにとうとう実家に帰られました。

 

 別に共感を得たいわけじゃないんですけど、マジであんまり思い当たる節もなくて、10年っていえばお互いの人生の1/3ですからね。結婚してからは3年とは言え、それだけ長い間一緒に居れば性格の一致不一致なんかは分かりますし、俺は浮気もDVもしてないしギャンブルも煙草もやるけど酒は飲まないし、家事もそこまで得意じゃないけど洗濯物干したり掃除機かけたりくらいはするし、稼ぎはそこまで多くないけど嫁さんに金も渡してたんですけどね。

 

 一応、相手の親にも病気の事や生活の事も伝えてあって、「本当に申し訳ない」「もう一度子育てしなおすつもりで面倒見ます」とは言われたものの、いやそうじゃなくて、いやそうじゃなくてね・・・。

 

 夫婦生活って難しいなぁって感じてます。クソデカ溜息をつく毎日でも仕事はやってくるし、居なくなってもなんだかんだ毎日やれてしまってる自分が憎いよほんとに。あ、でも白髪はここ一週間でクッソ増えました。

 

 

 

 またなんか進展があれば書きます。いとふゆ