EXVS2ベルティゴ緊急修整から考える「バランス調整」について

f:id:ki4do3ai2raku:20190901154716j:plain

 

 EXVS2開発部はアホなのか?

 

 

 というわけで緊急修整が告知されましたね。実に一週間、短い命でした。今作になってからの緊急修整はライトニングに続いて2回目となるわけですが、ベルティゴと対戦したプレイヤー全員に100円返金して欲しいくらいですね。俺は使ってる側でしたけど100円返して欲しい。

 

 前回、ベルティゴのヤバさについてちょっと真面目に語ろうと思ってたんですけど、面倒くさくなって途中で投げちゃってたので、今回は割と真面目に語ります。

 

 

 

 

 

1.ベルティゴは何がヤバかったのか

 まぁ割と全部なんですけど、強いて言うならコストですかね。2000コストっていうのは3000コストと組む上での最適解とも言えるコスト帯で、理由として挙げられるのが30後落ちでも即死しないコスト帯だから。加えて今作の30帯は低コストに対してかなり強力で、およそまっとうに30してる機体ばかりです。ハルートとかは知りません。

 だから20先落ちでもL覚醒さえ回せれば、結果的に30先落ちと大して変わらないどころか、なんなら30の方が逃げ性能が高い分、30後落ちの方が戦いやすいまであるって感じのゲームになってます。20上位とされるメッサーラ、ペイルライダーの爆弾力もなかなかのものですし、なんならクシャの覚醒技とかも比較的イカれてるんで爆弾出来なくもない。

 ベルティゴも例に漏れず、後衛で一生ファンネル飛ばしてても強いけど、ファンネル弾切れしたら覚醒技パなして先落ちしても問題ない機体なわけです。ファンネル自体のリロードはどちらかと言えば早い方なので無理して爆弾しに行くほどのものでもないですが、爆弾しても強いってのがミソですね。

 あとはお手軽さも忘れてはいけないクソポイント。近距離の立ち回りはさすがに腕の差が出ますけど、遠距離なんて誰が使っても大して変わらんですからね。弾撒く効率がいいか悪いかの違いでしかない。個人的にはライトニングより圧倒的にクソだと思ってるんですよね。お手軽過ぎるので。

 ホバーの効率、ファンネルの性能、アメキャン、格闘性能、コスト、覚醒技、お手軽さ、どれをとっても最上位の性能なので、どれがヤバいかと言われても全部ヤバいとしか言いようがないクソ機体でした。

 

 

 

2.エンジョイ勢にストレスしか与えないメタ性能

 まぁお手軽さを抜きにして考えれば他にももっとヤバい機体ってたくさん居るんですよ。エピオンとかギス3とか、騎士とかメッサーラとかペイルライダーとか。でもその辺りの真っ当な強機体と違って、ベルティゴは下位キャラに対してワンチャンスすら与えない圧倒的メタ性能を誇ってるのがクソオブクソポイントなんですよね。

 最盛期のライトニングもそうでしたけど、「自分の攻撃は当たらんのに相手の攻撃は当たる」っていう状況が続くとマジで面白くないんですよ。最初の1回2回はクッソーって言ってられるんですけど、それが10回20回と連続してみてください。キレるでしょ。

 腕の差があれば当然「自分の攻撃は当たらんのに相手の攻撃は当たる」って状況になりますけど、時間を稼ぐことくらいは出来ますよね。盾を取る、相方に守ってもらう、格闘を振り返すなどなど。でもベルティゴの場合は遥か遠方もしくは直上緑ロックからファンネルを飛ばしてるだけなのでマジでどうしようもないんですよ。盾は捲れ、相方に守ってもらおうとするとその相方をベルティゴの僚機に狙われ、格闘を振っても空を切るばかり。おまけに地走キャラやブースト量の少ない15、20あたりのキャラはかなりしんどい、特にヴァーチェなんか完全に的ですからね。

 あとは細かいところだと強よろけなのもストレス貯まるポイントですね。皆さんも経験あると思うんですけど、クスィーやペーネロペーの連動ミサイルでポコポコ打ち上げられたりするのってイライラしません?受け身とっても当たったりとか。

 単発ダウンで即起き上がり可能な射撃と、ベルティゴのファンネルのように強よろけで強制ダウンまで拘束されている時間の長い射撃とだと、例えダメージが一緒でも後者の方が確実にあったまるんですよね。その間に相方ダブルロックになるってのもそうなんですけど、心理的な部分でムカつきますよね。そういうところもクソポイント高い。

 

 

 

3.EXVS2開発部は無能集団かなにか?

 今回のベルティゴ緊急修整も前回のライトニング緊急修整も、一部界隈では民意修正と言われています。そんな激ヤバではないのに、一般エンジョイライトプレイヤー層が騒ぎ立てるから修正が入るんだ、って意味です。実際、20帯最強と言われ続けているメッサーラは1度下方が入って尚最上位に位置していますし、ギス3や騎士なんかもそうですね。上手い人が使えば強いけど雑魚が使っても雑魚、そういう真っ当な機体は緊急修整されず、通常修正も逃れられる傾向にあります。稼働初期に騒がれてた00もしばらくの間は修整を量子化で回避していましたしね。

 実際、緊急修整を要する機体かどうかは分かりません。だって実装一週間ですから。事実、長田ザク氏がギス2で対策可能つって動画上げてたかどうかは分かりませんが、シャフにはギス2が蔓延してましたし(単に上方入ったからってだけかもしれないけど)、固定だと確実にエピオンが増えてましたからね。エピオンっつーかエピオンベルティゴなんだけどよ。しねや。

 だから、少なくとも環境は変わってるけど、対策出来ないヤバさではないのかもしれませんし、ベルティゴの研究が進むにつれて対策出来ないヤバさになるのかもしれない。どのみち一週間じゃなんともコメントのしようがないわけですよ。

 でも間違いなく1つ言えるのは、この性能で実装したら間違いなく物議を醸すであろう性能をしているってことです。少なくとも並の対戦で数回使えばヤバさの片鱗を感じるはずです。おまけに今は全国大会予選期間。突如彗星の如く現れたトンデモ機体と、かねてよりヤバさを指摘されて続けつつも最良の相方不足と難しさから日の目を浴びなかったエピオンがタッグを組み、荒らしてるわけですね。重ね重ね言うけどマジでしね。ゲームになっとらんのじゃ、アホ。

 

 なので、バンダイナムコゲームスのEXVS2開発部は

①テストプレイをしていない。俺たちは雰囲気でゲームを作っている

②テストプレイヤーがあまりにもザコ。ぼくなんちゃい?3歳?偉いね~

③炎上商法を狙っている

 のどれかだと思われます。どれでもいいけど詫び石よこせや。

 

 

 

4.そもそもバランス調整について

 ちょっと老害丸出しになるんですけど、昔のアーケードゲームってアップデートとかなかったんですよ。稼働したら稼働終了までずっとそのまま。オンライン環境なんてなかったので、バランス調整をしようと思ったら全国のゲーセンにROMを配るしかなかったわけです。そしてそんなバランス調整にいちいち金を出してたらゲーセンが潰れちゃいますし、よっぽどヤバいバグでもない限りはバランスが多少イカれててもそのままというのが普通でした。(だから赤リロは結構衝撃だった)

 ところがどっこい、今やなんでもかんでもオンラインで修正修正即修正。新作のペースも早くなり、サービス終了を待たずに家庭用が出るなんてのもザラ。性能変更、武装変更、コマンド変更、新キャラ追加、環境変化もなんのその。やり込みという概念は今や形骸化したと言っても過言じゃないと思いますね。

 別にそれが悪いってわけじゃないんですけど、ゲームが消耗品化してるというか、その場限りの娯楽と化してるように思います。食べたらなくなる。

 オンライン環境が当たり前になる前は、ゲーセンの小さな空間が全てでした。「あいつの〇〇を倒すにはどうしたらいいんだろう」ってのを必死に考えてきたはずです。「自分も〇〇を使ってみよう」「でも〇〇はあいつの方が昔から使ってて理解度じゃ及ばない、でも△△なら自分も負けてない」「△△であいつに勝つにはどうしたらいいんだろう」。修正なんて来ません。次回作まで負け続けるのか、次回作でも性能差は開くばかりかも、ならいっそ自分も今のうちから〇〇を練習するか、などなど試行錯誤しながらやってきたはずです。

 そういう環境を少し懐かしくも思いますし、今の「クソキャラ?どうせ修正入るんだし今が旬だ、使っとこう!ウヒョー楽し~!」って環境もまたストレス発散には向いてると思います。少なくとも昔の環境は学生だから楽しめてたんであってサラリーマンの今となってはムカついてやめてるし、ある意味消費者層をわきまえてるマーケティングだと思います。

 それでもあえて言いたいのは、俺みたいに即物的な楽しさを享受するプレイヤーばかりじゃなく、かつての俺のように、少ない小遣いで好きなキャラを使って、砂上のやり込みに取り組むプレイヤーも居るってことをバンナムはきちんと理解して欲しいですね。