エクバ2 ガンダムバルバトスルプスレクス考察

f:id:ki4do3ai2raku:20181114182131j:plain

 エクバ2、してますか?さすがにAランク~AAランクマッチともなるとマッチングが渋くて、俺はサブカに逃げてます。知り合いの店員曰く、バナパスの売り上げ増えてるらしいですし、皆そういうことですね。(にっこり)

 

 というのも現状、一部の強キャラがまさにぶっ壊れの強キャラで、特に低コストの格差が激しいせいで、ガチ戦となるとガチガチのガチガチになってしまい、ガチキャラを使わないとジャイアントキリングも起こり得ないし、ガチキャラを使っていても相手もガチキャラだからクソの押し付け合いになるしで、最上位マッチングが本当に面白くないので仕方ないですね。仕方ない。俺は悪くねえ。

 

 まぁ壇上目指すガチ勢とかはガチ戦がいっぱい出来て嬉しいななのかもしれませんが、明らかに修正が入るであろうバージョンをやり込む気も起きませんし、当面はルプスレクスマックスタークソゲーかまし続けたいですね。てなわけで前置きも長くなりましたがルプスレクス考察です。(2018/11/14)

 

 

 

 

 

 立ち回り全般考察

 ルプスレクスにしか出来ない立ち回りということで考えるなら、前衛でウロウロしながらダメージを取れるところでしっかりダメージを取っていく立ち回りになる。とにかく被弾を避け、ノーリスクローリターンを狙っていく。ぶっちゃけリスクを犯して立ち回るならクスィーとかクアンタとかが居るのでね。

 しかもルプスレクスは味方を守る能力に乏しい。ので僚機には自衛力が求められる。最適な僚機はレジェンドかガブスレイ。フルグサンサやクシャトリアなど攻められるとキツいキャラの相方には向かない。メッサーラは乗り手次第。

 

 弾幕は張れない。着地取りはしっかり各種サブで取っていく必要がある。尻尾始動は補正がゲロキツのため格闘追撃は厳禁。メインやサブなどでさっさと終わらせる。アシストはN特射に使っても良いけど基本的にはレバ特射に回して火力アップを狙っていきたい。詳しくは後述。

 

まとめ

・尻尾追撃は状況にもよるが格闘は悪手

・レバ特射始動は大ダメージのチャンス

 

 

 コンボ考察

 メインが実弾属性のため非常に不安定。ヒット確信が出来ない為、基本的にメインはメイン下格で様子見やメインサブ、メイン(レバ)特射、メイン特格射撃派生など入れ込みで使う。

 CS始動は補正40%とゲロキツのためメイン>メインやメインサブ、ちょっと欲張るならレバ特射>Nサブなどでサクッと済ませるべき。

 レバ特射始動は激熱の大ダメージチャンス。92ダメ補正75%ダウン値1と若干頭のおかしい数値をしてるのでなんとか格闘追撃を叩き込みたい。オススメはN格出し切りサブ。300くらい減る。

 あとは特格射撃派生始動。詳しい補正は不明なものの、押し付けやすい性能かつ補正も別段悪くはなさそうなので適当に格闘を入れてNサブ〆したい。が、無理そうなら下格で着地やBD格などカット耐性を意識。

 最後に格闘始動。ぶっちゃけ格闘性能はそこまでよろしくないのだが、始動として考えられるのは横格か。前派生や特格派生を出し切れれば火力は出るが、射撃の強い今作において完走はなかなか難解。とりあえずダウン取ることを意識して下格やサブなど適当に〆ておきたい。

 

まとめ

・とりあえずダウンを取ろう(疑似タイが強いキャラのため)

 

 

 射撃CS、格闘CS(尻尾)考察

 尻尾は①切り離し②切り離した位置から敵に向かってそのまま直進、の2ステップで攻撃が発生するっぽい。レクスの尻尾がクソクソ言われている理由は、まず自機の周りに停滞しないため自分に向かって射出されているのかどうかの視認が出来ない事、加えてダウンしない限り尻尾は回収されないためセルフカットが可能などの理由であって、ステップされても取り付くわけでもなし、緑ロックでもちゃんと狙うわけでもなし(射程限界がある)、それなりに狙って撒いていくべきだと思う。っていうか尻尾当てらんないなら別キャラで良い感ある。

 

 個人的な当て方は二種類。

 1つ目が、横特格など各種特格で敵に近づき、高度が合ったタイミングでCSを離す。切断された尻尾は一瞬停滞した後で敵に向かって飛んでいく為、敵が一方にのみ(慣性含む)ブーストをふかした場合はほぼ確定で当たる。自分は落下しているため、敵が落下してこなければ下に潜れてローリスクで着地出来るし、落下してきても即ダウンさえ取られなければ尻尾が刺さる。まぁ大体ステップ刻まれるので当たらんのだけど。

 2つ目が、移動先とは異なる相手に撒く。このCS、実は射出時に「サーチしている相手」に向かって飛んでいく。当たり前と言われれば当たり前だが、例えば敵の低コに対して横特してそのままCSで降りれば尻尾は低コに飛んでいくが、横特中にサーチ変えして高コを見てCSを出せば高コに飛んでいく。敵の高コからすれば、レクスが自分を見ていないにも関わらず突然尻尾が飛んでくるわけで、これがなかなか使える。レクスの尻尾は一度でもステップを踏まれるとほぼ無力化されてしまうので、向かい合っていればなかなか当たる機会は少ないが、背を向けているのに尻尾を警戒してステップを踏む人は少ないので現状これが上級者に対しては最も当たる撒き方。

 1つ目はどうしても見ている相手に対して撒くことになるので警戒されてしまうし、分かっている相手はブーストではなくステブーストや、なんなら初段ダウン属性の格闘などを擦ってくるのでNG。あとはセルフカットを期待してCS後に盾とかもそれなりに有効。

 

 最後に格闘CSの使い方、覚醒時の使い方について。まず格闘CSの尻尾は射撃CSのそれとは異なり補正がかなり緩くなる。そのため格闘追撃なども狙いやすくなり全体的に火力が向上する。代わりに任意落下が出来なくなり、特格下格やメイン下格などを使ったルプスのような立ち回りが必要になる。どうしても尻尾狙いだけでは火力不足になりがちだし、いくら大ダメージが狙えるとはいえレバ特射もそうそう当たるものではないため、着地を取られる心配の少ない格闘機相手などは多用しても良いと思う。

 但し、射撃CSとは挙動も異なり、射撃CSは射出→攻撃だったのに対し、格闘CSは射出→停滞→攻撃になる。つまり攻撃動作が緩慢になる。また自動攻撃のため、射撃CSほど狙って当てることは出来ないし、文字通り当たり外れは完全に運頼みになるので注意。この辺はもう少し考察してみたい。

 

まとめ

・射撃CSは敵の近くで適当に撒こう

・格闘CS出したらルプスとして使おう

 

 

 

尾張