パチンコ・パチスロの恐喝事件について

【8.6事件追記】揉め事対策 ホールで怖い人に恐喝された場合はどうする?

 

  パチンコやパチスロ、ひいてはホールという存在のイメージが健全化しつつあるとはいえ、経営運営する側がクリーンになっても遊戯する側がクリーンになっているわけではなく。相変わらず集まっているのは生活保護受給者、ニート、無職、スロプーなどなどろくでもない者ばかりです。

 

 勿論中には俺みたいな物好きな健全なサラリーマンもいるでしょうが、三点方式でいくら賭博ではないとはいえ本質は賭博。しかも胴元VS客の構図だけでなく、ハイエナだけでなく設定狙いにしても客VS客という構図もありえるわけで。揉め事の種は尽きないわけです。

 

  先日もこんなニュースがありましたしね。

名古屋市「キャッスル中丸店」で殺人未遂事件 台の取り合いでめった刺し

 

 あくまで2chの情報ですけど、容疑者と被害者は2スロの常連だったらしく、新台の「エヴァまご」の取り合いになって殺人事件に発展したんだとか。嘘か真かは分かりませんし、皆がみんなここまで頭のネジがブッ飛んでいる人ばかりではないでしょうが、負けが込んでいてカッとなってやってしまったなんてことは誰しもあり得ることですからね。

 

 だからホール=危険な場所、という認識は持ち続けているべきだと思います。

 

 俺の大学の友人も昔似たような詐欺にあったらしいです。ツレ打ちだったらしいのですが万枚を出して換金した後でイカついお兄ちゃんに「朝一俺らを抜かして座っただろ」「あの台は本来俺らが打つ台だったんだ」といちゃもんを付けられたらしく、結局万枚分どころか数人分の有り金全て奪われたという…。

 

  嘘か真かは知りませんが、その時のメンツが口をそろえてそう言っているならそうなんでしょう。怖い話です。

 

 他にも、ゴトをしている友人、サクラをしている友人、借金しすぎてトんだ友人、まぁこんな業界に居れば色んな人を見てきているわけですが、まともな人の方が少ない世界においてまともであり続けようとすればある程度の自衛手段を持たなければならないということです。

 

 俺が浮浪者みたいな恰好でホールに行くのはそういう理由なのであって、決してズボラだからではないという弁明をさせてください。