家スロ初心者にオススメしたい台

 昨夜、友人と家スロの新台入れ替えについての話をしてたんですよ。そろそろ買い替えたいな~とか、これ買ったら?とか、そういう他愛のない会話です。で、話してて思ったのが、家スロについての説明って案外少ないよなってこと。

 

パチスロ実機所有者 Wiki - FrontPage

スロット台を買う前に見てほしい!家スロのあらゆる問題を解決する総合サイト

初心者家スロ講座 A-SLOT - 中古スロット台・中古パチスロ台実機販売店

 

 こういうサイトはあるけど、じゃあどういう台が良いのかな?っていうところまで掘り下げてるサイト見たことないなぁと。どんな台もなにも、好きな台買ったらええやんってのも間違いなく正論なんだけど、実際買ってみて後悔することもあるだろうし、少なくとも俺は何度も後悔してきたから反省の意を込めてオススメ台についてちょっと語りたいと思う。

 

 

 

1.不要機は絶対に付けろ

 家スロガチ初心者の為に不要機とは何かという説明をしておくと、コインを入れたり出したりする必要がなくなる機械だ。BETボタンを押すとクレジットが入る。50クレジットを越えても払い出しがされない。つまり完全にレバーとボタンが付いてる液晶ゲーム機になる。

 

 「いや、そんなんスロットちゃうやん。やっぱメダル出してこそやろ。」って思う人も居るかもしれないが、ぶっちゃけメダルの払い出し音は滅茶苦茶うるさい。パチンコもそうだけど、ホールだと全然意識しないけど盤面を銀玉が転がる音とか騒音モノだからね。半径1km以内に人が住んでない田舎とかなら良いんだけど、そうじゃないなら絶対に不要機は必要。

 

 あと、メダルの出し入れもかなり手間。せっかく払い出したメダルをまたホッパーに戻す作業を何度か繰り返してるとアホらしくてやってられないし、出したメダルは箱に積んで出玉感を味わいたいって言うならそれだけの数のメダルを用意しなきゃいけない。メダルってのは意外と高いし数集めると結構な量と重さになるし保管も大変。手もサビくさくなる。絶対に不要機はあった方が良い。

 

 

 

2.高くても打ちたい台を買え

 俺が大学生だった頃、時間はあるが金はなかった。新台が出ても20スロなんて当然打つ金ないし、低貸しに落ちてきたら打ったりもしたけど当然ベタピンだし、いくら低貸しと言えど1日打ったら1万は平気で負ける。低貸しに落ちる=撤去されて中古市場に出回る、ってんで、だったらちょっと打ってみたいなっていう1万円くらいの実機を買った方が安上がりだし時間も潰せるじゃん!っていう考えで、1ヶ月~3ヶ月くらいの比較的短いスパンで実機を買ったり手放したりしていた。

 

 正直言うと、その頃はそれでも良かった。俺一人だけじゃなくて友達も家に来て一緒にワイワイ打ったりもしたし、飽きたらオークションに出せば5割~8割は戻ってきた。「この台マジでクソだな~!」「誰が買ったんだこんな台!俺か!」とか言いながら遊べたので、お金がなくて時間はある俺には良い遊びになった。

 

 ところが、社会人になった今、「金は(少しだけ)あるが時間がねえ!」という真逆の状態になってしまっている。こうなるとクソ台なんかと遊んでる時間は例え1秒でも勿体ないし、かと言ってオークションに出品したり梱包したり配送したりといった時間もろくにない。就職直後なんかは同じスタンスで台を買ってたものだから、結局ろくに打たずに市の粗大ゴミとして処分するなんて事もあった。

 

 学生なら暇つぶしと割り切って手ごろな安い台を買うのもアリだと思うけど、社会人なら本当に欲しい台を買うべき。そんな当たり前の話でした。

 

 

 

3.白ロムはやめとけ

 初心者向けに白ロムについて説明しておくと、白ロムっていうのは簡単に言うと裏基盤のこと。特定のボタンを押しながらレバーを叩くことで強制的に小役やボーナスを成立させられたり、中には本来存在しない激甘設定を追加したものなんかもある。

 

 実は白ロム付きの台を知り合いから購入したことがあるのだが、はっきり言って滅茶苦茶淡泊で1日で飽きた。その白ロムは1BET+レバオンで確定役を成立させることが出来たんだけど、何度かやってるうちに心底アホらしくなる。

 

 最初のうちは「見てみたい演出もあるし便利じゃん」「ここで引いたらどうなるんだろう」と思って色々試してみたものの、結局出そうと思えば無限に出せてしまう上に回すのは自分なわけで、爆乗せしたはいいけど自分で消化するのもアホらしくなってしまってやめた。

 

 つまるところ、スロットっていうのは出すまでの課程と出るまでの課程が面白いのであって、そこをスッ飛ばしてただ出るだけの機械ってのは何にも面白くねえなと思ったわけです。

 

 

 

4.ミッション付きの台にしとけ

 要するにマイスロ・ユニメモ・スロプラス・打~WIN・俺スロ対応機種にしとけってことです。ミッションって書くと若干ニュアンスが変わるけど、適切な単語が思い浮かばないので以下ミッションと称します。誠に残念ながらダイトモ、eスロは2018年2月現在サービスが終了してしまいました・・・・・・。

 

 これまた初心者向けに説明しておくと、サミー、ユニバ、山佐、平和、NETの台には携帯サービス連動機能が付いてることがある。というか上記メーカーなら殆どの台には付いてる。これは、台のQRコードを読み取って総回転数やらボーナス回数、遊戯履歴が保存されるというもの。単に遊戯履歴(〇〇回転、ボーナス△回)だけが保存されるシンプルなものもあれば、ミッション(〇〇演出復活を見た!、△△中〇〇成立!)が課されているものもあって、打ち込みに一役買ってくれる。

 

 本当に好きな台ならミッションなんてあってもなくてもどっちでも良いと思うんだけど、結局のところ家スロって虚無なんですよ。たくさんメダルが出るわけでもないし、よしんば不要機を付けずにメダルを出したとしても1円にもならない。読書と違って勉強になることも少ないし、映画やアニメ鑑賞とも違ってストーリー性も希薄で基本的に同じシーンや台詞が繰り返されるばかり。はっきり言って家スロなんて時間の無駄の極みみたいなもんですよ

 

 だからこそ、何らかの軌跡を残したい。「あの時はこんなに打ったんだっけな」「この前フリーズ引いたのいつだっけ。ああそうだ、これだけしか出なかったんだ」っていう履歴が欲しい。ミッションがあると「〇〇ゲーム回したのにボーナスこれだけしか引けてない」「チャンスゾーンの成功率公表3割って嘘だろ。これだけ打ってるのに1割しかないぞ」みたいなのを一人でニヤニヤして楽しめます。まぁこういうのも全くのアホくさい行為なんですけど、虚無よりかはアホ臭い方がましかなって。

 

 ミッションがあると「これ見るまでは打つぞ」とか、「総回転数〇〇までは打つぞ」みたいな動機にもつながるので、ないよりは絶対にあった方が良いです。ただ、ミッションがあるからってクソ台を買うのはあんまりオススメしません。

 

 

 

番外.カウンターは必須じゃないけどあると便利

 最近の台はどれも便利なもので、メニュー画面で総回転数が見れたり現在の回転数が見れたりするけど、ちょっと古い台だとゲーム数解除のくせに現在のゲーム数が分からなかったり(番長2とか)、天井までどれくらいか把握出来なかったりする。別に把握出来たところでなんなのって話でもあるんだけど、やっぱり現在のゲーム数は把握できてた方が一喜一憂出来るだろうし、ないよりはあった方が絶対に面白い。

 

 もうちょっと言うと、差枚が分かるとなお面白い。ホールで打ってる時は「投資が〇〇円・・・つまり△△枚で、いま☆☆枚出たから・・・よっしゃ勝った!」とか分かるんだけど、家で打ってると何枚飲まれてるのかさっぱり分からない。こういうときにPC接続型のカウンターとかがあると便利。もし配信してみたいとか考えてるなら必須。

 

 ホールのものと違って、家スロ用のカウンターは現在ゲーム数、ボーナス回数、スランプグラフの他にも小役確率や機械割なんかも表示してくれるものもあってかなり面白い。付け替えれば何台にでも使えるから1個あると凄く便利で面白いと思う。オススメです。

 

 

 

 

 

 ざっと書いたけど、家スロって入れるのは易し捨てるのは難しなんだよね。買った時はウキウキワクワクでも打ち始めて数日で早くも後悔したくなるってのもザラにある。デカいし重いし。市に処分してもらうにも月イチだし。処分費用もかかる。

 

 だからこそ、後悔しない台選びをして欲しい。色々書いてきたけど、後悔しないなら別に何でも良いと思う。全然打ってないけど半分くらいインテリアとして置いてるっていう友人も居るし、本人が良いならそれで良いと思う。

 

 ただまぁ後悔しないための1つの指標として、「10万ゲーム打ちたいかどうか」ってのを挙げてみる。10万ゲームって結構なことだからねー、40万秒。111時間。100時間以上付き合えるならそれは間違いなく「良い買い物」だし、仮に1万ゲームとかで飽きるなら(値段にもよるけど)手間考えたら勿体ないんじゃないかな。

 

 

 

 そろそろ飽きてきたのでこの辺で。