ギルティクラウンのRT状態について(後編)

zerosan.hatenadiary.com前回の続き。

前回、低確(RT0)、高確(RT1)、ART準備(RT2)の説明をしましたので、今回はチェリー高確(RT3)、ART中(RT4)、エンピレオ(RT5)の説明をしたいと思います。

 

 

 

まずチェリー高確(RT3)について。ここにはART準備(RT2)の弱チェリーで移行する。

 

チェリー高確は弱チェリーが1/3.5で成立する文字通りのチェリー高確率。ただし払い出しのある強チェリーの確率は変わらないので、厳密に言うと弱チェリー高確率。ついでに弱チャンス目も多少軽くなってる(RT1で1/167→RT3で1/140)。

 

この状態でCZを迎えられればほぼモロタなんだけど、いかんせんRT2滞在中のチェリー確率には結構な設定差があるのでなかなか入らない。一番美味しいのはART準備中(RT2)で入ること。ART準備中の弱チェリーは上乗せ確定かつチェリー高確移行確定なので、って話は前編でやりましたね。

 

解析上、弱チェリーはCZ抽選も弱いし直撃抽選はしてないはずなんだけど、実践上そこそこ直撃もしてるのが謎。多分RT3突入時だけ特殊抽選されてるんだろうけど解析が出てないので不明。

 

まぁ結論としては滅多に入るもんでもないので入ったらラッキーくらいの感覚で。通常時なら直撃に期待、CZ中やCZ前兆中ならほぼモロタ、ART準備中なら激熱。

 

 

 

お次はART中(RT4)。ここにはART準備(RT2)の(押し順)弱チャンス目で移行し、並行リプレイで高確(RT1)、ベルこぼし1枚で低確(RT0)に移行します。だからRT2に滞在してる時は通常時でも結構この状態に入ったりする。すぐ転落するけどね。

 

この状態の時はエンピレオ移行契機である(押し順)強チャンス目が頻繁(1/20)に成立してる。代わりに弱チェリーがゲロ重たくなってる(1/3640、出現=ボーナス確定)。

 

前編でも少し触れたけど、ART中(RT4)のレア役確率は約1/38。RT1が1/25、RT2が1/23であることを踏まえると1.5倍くらい重たくなってる理由がこの弱チェリーの出現確率が下がってるところなわけ。つまり左第一でチェリーが止まった瞬間に何らかの上乗せorボーナスor強チャンス目成立によるエンピレオ(RT5)移行が確定するのでまぁ熱い。大体スイカまで滑るんだけどさ。

 

でも個人的に、この台で一番クソだと思ってるのがこのART中(RT4)。ART機におけるART中って面白さが詰まってる場所であるべきで、レア役やら上乗せやら特化ゾーンやら疑似ボーナスやらでドッカンバッカンお祭り騒ぎがしたい(個人の見解です)のにレア役確率下がってるってお前、はぁ~つっかえって感じですよ。

 

ART中におけるレア役の役割は、VCのゲーム数上乗せ、ナビ高確抽選、ボーナス抽選(抽選って言い方もちょっと変だけど)の3つ。とはいえボーナスはほんとおまけみたいなもので、本機のボーナス確率は設定1なら約1/300とそこそこ重たいのでART中に引いて出す台ではない。ボナ引いたからと言って特化ゾーンに行くわけでもなし。基本的には10G上乗せなので。

 

つまり実質的なレア役の役割はVCのゲーム数上乗せとナビ高確抽選に2つに絞られる。ボナはついてきたらラッキーって程度。で、ART準備(RT2)の時に弱チェリーが引ければチェリー高確に移行してVCゲーム数の上乗せが期待できるのに対し、ART中(RT4)の弱チェリーはボーナス確定なだけ。VCゲーム数上乗せ抽選はしてないしナビ高確抽選もしてない。当然チェリー高確にも行かない。

 

だからART中ほど何も起きないし、ART中のVCも通常時に比べて何も起きないことが多い。通常時に比べて何も起きない感が強いのはレア役確率が下がってるから。一応その分ベルとリプレイでも抽選はされてるし(0.4%)、7揃い(フェイク)リプやバー揃いリプでの突破もあるから全体としては突破率は変わらないんだろうけど、通常時VCよりART後VCの方が無理ゲー感はある。

 

ただ、通常時のART準備(RT2)で弱チャンス目を引いてART中(RT4)に入れた場合は話が別。ART中のRT4はクソおもんねーけど通常時のRT4は拳に力の入れどころ。ART中のRT4はリプナビで強チャンス目を蹴ってくるけど、通常時のRT4はリプナビなんて出ないので強チャンス目高確になってる。そこで強チャンス目を引けば通常エンピレオ(RT5)に突入する。詳しくは後述。

 

 

 

最後にエンピレオ(RT5)について。

エンピレオは7揃い高確、(VCRとかいう幻を除けば)本機唯一の特化ゾーン。7かバーが揃えばセット数上乗せなんだけど、保証ゲーム数とか継続率とかは特にない。最短2Gで落ちるし、続けようと思えば無限に続く。

 

7揃い、バー揃いの合算が1/9.4

フェイク7揃いの確率が1/4.3

 

で、エンピレオはカットイン最低1回保障しかない。だから1G目にフェイク7揃い引いて2G目がリプレイだったらそこで5択(?)を当てられないと落ちる。ちなみに転落の出目は弱チャンス目(リプ小山)。右上がりリプなら状態は変わらない。

 

ここだけ見るとまぁ無理ゲーなんだけど、やっぱり無理ゲーなんだなこれが()

 

一応メイン基盤での管理になってるから、引けるか引けないかは完全に己次第。7揃いフラグを引き続ければ絶対終わらないけど、確率を見ての通りまぁ揃わないし、即堕ちもままある。最低保証もないから苦労して入れたのも束の間、10秒後には放心なんてことも少なくない。あれ?糞台では?

 

ただ一応フォローをしとくと、このエンピレオ(RT5)には通常時に移行することもある。RT2で弱チャンス目を引き、RT4で強チャンス目を引けば(もしくは押し順強チャンス目の押し順を当れば)通常時エンピレオに突入するってわけ。この状態に突入すると液晶上は何も起こってなくても7揃い高確率なのでまぁゲロアツって寸法です。ちなみにこの状態に入ると筐体上部のヴォイドランプが光る。

 

ただ、当然通常時エンピレオはあくまで通常時なのでカットイン保障なんてない。内部状態は7揃い高確率だけど転落リプを教えてくれたりはしないので、RT4で強チャンス目引いた!ヴォイドランプ光った!次ゲームで落ちた!みたいなことも両手じゃ足りないくらい経験してます。まぁあくまで通常時からいきなり特化ゾーンにぶち込むチャンスってだけ。

 

 

 

まとめ。

 

RT0 ボーナス後、ベルこぼし1枚で移行、レア役低確率

RT1 並行リプで移行、10G固定、レア役1/25

RT2 ベルこぼし0枚で移行、レア役1/23

RT3 RT2の弱チェで移行、20G固定、弱チェだけで1/3くらい

RT4 RT2の弱チャンス目で移行、レア役1/38

RT5 RT4の強チャンス目で移行、7バー揃い合算1/9.4

 

 

 

まぁ無限に負けれる台なんだけど、状態を把握しながら打つとクッソ弱い演出で弱チェ出てきても「あー入った」ってなったり、液晶が静かでもヴォイドランプ光って「1/9~!!!」ってレバー叩けたりして、ART中よりむしろ通常時の方が面白いのでは?(洗脳済み)と思える辺りが神台ですね。

 

CZ抽選とか上乗せ抽選とかその辺りは詳しい解析サイト見てもらうとして、状態把握しながら打つと頭使いながら打つから良い感じに疲れて投資も抑えられるしお勧めです。